ホーム » スキンケア » 背中にニキビができた

背中にニキビができた

読了までの目安時間:約 8分

【背中にきびのきっかけと支援】

背まん中は皮脂や汗の分泌が手広く、表皮の角質カテゴリーが厚い中味。しかも、衣装で蒸れ易い結果、にきびが発生しやすい環境にあります。そのため、ずっと化膿したにきびが叶う「難治性のにきび」と繋がるケースが数多く、にきびとにきび跡の両方に耐えるほうが多くいます。

繰り返し易い背まん中のにきびは、重症化する前に早めに直すことが重要です。背中にきびのきっかけやふさわしい治し方を分かり、適切な支援を行いましょう。

【背中ににきびができるきっかけ】
にきびの原因は、毛孔が詰まって皮脂が毛孔内に貯まり、そこにアクネバイ菌が増大することだ。背まん中のにきびも同じで、なんらかの原因で毛孔が塞がって仕舞うことによって発生します。背まん中の毛孔が詰まるきっかけについて、細かくみていきましょう。

【毛孔が塞がる要因(1)皮脂の過大分泌】

背まん中は元々皮脂分泌が多いフロアですが、皮脂の分泌が通常よりも増し、放出しきれなくなると、毛孔が塞がる原因となります。皮脂の分泌が増加するきっかけには、以下のようなものがあります。

・男ホルモン

ストレスによる抗痛手ホルモンの分泌や、眠り不完全による交感神経の活性化は、男ホルモンの分泌ボリュームを増加させます。男ホルモンは皮脂腺を刺激する作用がある結果、皮脂の過大分泌を引き起こします。放出しきれない皮脂が毛孔の中で古くさい角質と交じり、ゆくゆく毛孔を塞いでしまうのです。

・食べ物

炭水化物や糖類を大方取り込む食物の中には、食後に血糖プライスが急上昇する「高GI食物」があります。血糖値を下げるために分泌されるインシュリンには、男ホルモンを刺激する役割もあるため、結果的に皮脂の過大分泌を引き起こします。生き物性脂肪の多い高脂肪食も同様で、脂肪取り分が皮脂腺を刺激して皮脂分泌を増加させます。

逆に不足すると、皮脂の過大分泌を導くのがビタミンB群だ。ビタミンB2やB6は、皮脂分泌を抑えるので、にきび予防や発展のためには、とりわけ積極的に摂りたい栄養分だ。

【毛孔が塞がる要因2洗い残しと毛孔周辺の過角化】

すすぎほうが適当だと、古めかしい角質や余分な皮脂がたまり気味だ。背まん中はすすぎ辛いフロアであるため、洗い残しが発生しやすいといえます。また、落としが不十分で石鹸や洗い、ヘアトリートメントなどが残ってしまうことによっても、毛孔が塞がることがあります。

流しほうが適当だと、古くさい角質や余分な皮脂が留まり気味だ。背まん中は洗い難いフロアであるため、洗い残しが発生しやすいといえます。また、落としが不十分で石鹸や洗い、ヘアトリートメントなどが残ってしまうことによっても、毛孔が滞ることがあります。

洗いやリンスなどにある界面活性剤や添加物なども、素肌にとっては異物の結果、お素肌に残留したこれらのものが過角化を導くことがあります。

【アクネバイ菌の増大】

表皮外層の皮脂膜は、ペーハー(pH)4~6の弱酸性に保たれているのが、特に健康な状態です。pHバランスが崩れて6以上のアルカリ性に傾くと、バクテリアやカビが増加しやすくなります。

一般的な石鹸や洗いは、表皮をアルカリ性にする属性があります。表皮にはアルカリ性からの治癒力がありますが、洗い流し過ぎや水気不完全がダブると、その治癒スキルは低下してしまいます。

その結果、表皮外層でアクネバイ菌が必要以上に目立ち、もっと毛孔の中では急激に増大して、にきびを悪化させることがあります。

【背まん中のにきびの治し側】

背まん中は支援がしにくい所だ。しかし皮脂腺が数多く、表皮が顔と比較して太く、強いので、いったんにきびができると悪化し易く、跡もゆとり気味だ。 背中ににきびができないようにする支援、あるいはできてしまったにきびを悪化させない支援の場所を紹介します。

・スキンケア
背まん中を洗う際には、汚れを落とす結果とはいえ、垢すり手拭いや胴体ブラシでゴシゴシと洗ってはいけません。激しい扇動で素肌の障壁性能が低下したり、にきびができている場合には、傷を付けて炎症を悪化させてしまう。汚れや余分な皮脂、古くさい角質などは洗い流さなければいけませんが、こすり過ぎないように気を付けましょう。
激しくこすらずに角質を省くには、ピーリング材料が入った石鹸などによる支援がおすすめです。ピーリングは、酸などの力で見た目にいらっしゃる古臭い角質を溶かし、新陳代謝を促す効果があります。ピーリング効果がある化粧品には様々な型式がありますが、サリチル酸や果実酸(AHA)や酵素が配合されているものが良いでしょう。
背中にピーリングを行った後には、素肌がドライしないように必ず保湿をください。殊更ピーリングの後は角質カテゴリーが一時的に薄くなり、障壁性能が低下する結果、保湿支援は必須です。

・ランチタイム・夕食
にきびの発展や予防のために積極的に摂りたい栄養分としては、ビタミンB群があります。豚肉やレバー、乳製品などにあるビタミンB2、カツオやマグロ、鶏ささみなどにあるビタミンB6には、皮脂分泌を牛耳るアクションがあります。
かぼちゃ、にんじん、ホウレンソウなどにある、豊富なビタミンA、ゴマやアーモンド、玄米にある亜鉛、レモンやイチゴ、いもチックなどにあるビタミンCは、粘膜や素肌を健康に持ち、交代を促します。
逆に必要最小限の飲用を心がけたいのが、皮脂腺を刺激する生き物性脂肪や糖類、男ホルモンの分泌を促す高GI食物だ。これらの摂り過ぎは、皮脂の過大分泌を招きます。また、香辛料の効いた扇動の良い夕食や酒類も、皮脂腺を扇動決める。

・暮らし
素肌にじかに触れる衣装、更に肌着は、手触りの素晴らしいものを学びましょう。就寝時は素肌が蒸れないように、通気性にも留意して下さい。そして、汗をかいたら着替えをすることも有効です。
入浴時折、背中に流れた洗いやリンスを残さないように、洗う順番にも気を配って下さい。まずはシャンプーをして、その次に洗顔、最後にボディーを洗うと良いでしょう。

【治らない場合は、別の表皮異常の可能性も】
にきびを直すための支援をしているにも関わらず、後片付けがほとんど貫く場合には、にきび以外の表皮異常の可能性もあります。

・マラセチア毛包炎

若干の照りを向き合う赤い吹き出物が毛孔に浮き出るのが、マラセチア毛包炎だ。にきびと違ってがたいは同一で、吹き出物の容量自体はにきびよりも小さめだ。原因は「マラセチア」というカビ(真バイ菌)の増大で、毛孔で炎症を起こしている状態です。

・毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)

背まん中、二の腕、おけつ、大腿、ふくらはぎなどにブツブツができている場合には、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)かもしれません。毛穴性一角化症(もうこう力不足かくかしょう)とも呼ばれるように、原因は古くさい角質の肥厚化だ。
にきびと似てはいますが、大きな違いはバクテリアによる炎症では無い地点だ。原因としては遺伝みたい要素が強く、ジェネレーションを重ねていくうちに自然に直るケースも多いと言われています。
繰り返しますが、背まん中は皮脂腺が数多く、表皮も硬いので、実はにきびができ易いフロアだ。そしてひとまずにきびができると、どうしても治りません。背中にはにきびを作らない、あるいはにきびができてしまったら、崩れさせずに直すことが大切です。
ノンエー

 

この記事に関連する記事一覧